ゆるやか下降~のっそり上昇~

ひきこもりだけど映画館に入り浸ってる女。場面緘黙当事者。フェミズム勉強中。

マサラってたら夏が終わった

 

今年の夏は本当にすごくて、毎日どうにか生きていた。

私は肥満体なので夏がマジで無理で憎んでいるわけですが、今年ほど「無理…」と呻いていた夏もありません。エアコンの無い部屋に生息してる為、本当に死ぬかと思った。からくも生き延びた。

なんやかんやでバテる事もなく、しかし猛烈な下痢に見舞われ3キロ落ちた体重を回復したのち速攻で取り戻したりと、まぁ、それなりにやっております。

 

 

平成最後のこの夏は、マサラに生きマサラに過ぎた夏でした。

マサラ上映というのはこういうの(みんな大好きサンサン劇場!)

ameblo.jp

ですが、今夏、実に6回参加する事となりました。それも全部、「バーフバリ王の凱旋完全版」(語呂が良すぎる)

私のこの夏はバーフバリとともにありました。

 

私の歴代最高鑑賞記録は昨年のマグニフィセントなんちゃらの8回でして、この記録は永遠に破られないであろうと思っていたのが…今や……。

近隣劇場でマサラ上映が開催される度に出向いている内、気付けばもはや11回王の凱旋(インターナショナル版・完全版含む)見てました…。まぁ、通常上映は「見てる」だけど、マサラの場合は「参加した」ですけどね(感覚的に)

 

バーフバリというジャンルはほんとうにすごくて、こんなにファンの要望に応えてくれるジャンルがあるんだ!?と未だに感動しております。願い、叶う!熱いファンの要望に応え続けてくれた結果、いつまで経っても上映やってるので、いい加減「いつまでやっとんねん」「正月映画やぞ!!!」とキレ始める始末。それでも見なくては、参加しなくては気が済まないのがバーフバリの恐ろしいところであり、最大の魅力である。ちなみに私の推しはデーヴァセーナ。怒りと誇り、自尊心を具現化したような最高の存在。

 

私のマサラ(絶叫)スタイルは、右手で紙吹雪(お花紙500枚分を5センチ角にカットしたもの)をまき散らし、左手でタンバリンをかき鳴らし、その合間にクラッカーを打ち上げる、といったものです。普通。余裕があればペンライトも使いたいな…と思いつつ、毎回この3つで手一杯になってる(戴冠式のシーンで黄色のペンライトを掲げているバラー派の人々の姿、美しいわね)

私は、声が一切出ない(ワーとかフゥ~!とかも言えない。よって、バーフバリ!コールも出来ないのです)ので、その分紙吹雪とクラッカー、タンバリンに全てを託しており、そのため全力を尽くし、最高を目指してパフォーマンス(?)している(つもりな)ので、毎回終わった後の疲労感がすごい。「ただ映画見てただけなのに」って毎回思う。そのため一回終わった後は「もうしばらくいいわ…」ってなるのに、また近場でマサラ上映が決まると、私の指はぽちぽちと座席予約をし、お花紙を切り出すのでした…マジでシャブ…この夏ずっとそんな感じだった……。

 

 

あまりにもバーフバリしか見ていないので、「たまには他の映画も見たい」と思いつつも、実際別な映画を見ている間はちょくちょく「バーフバリが見たい…」と思ってしまう。そしてあまり面白くない(好きではない)映画にぶち当たると、「バーフバリ(完全版)は3時間あって一瞬たりともダレたり無駄なシーンが無いのにこの映画は何なの?」とか思うようになった(末期)

私の基準はもはやバーフバリ化しており(?)世の中のもののすべてが「バーフバリっぽいものか、それ以外」で分けられつつある。もはや新種の概念である。あと「褒め」の最上級が「バーフバリ」になりつつあるね。

先日奥華子の全曲ライブのブルーレイ見ようとセットしたら実に内容が3時間弱ありその時は「バーフバリじゃないんだから」とかつってた。

 

 

 

この夏の記録。塚口と国際会館に通い詰めた夏でした。

 

 

f:id:yayoiin:20180919180641j:plainf:id:yayoiin:20180919180645j:plainf:id:yayoiin:20180919192441j:plainf:id:yayoiin:20180919180704j:plain

 

俺たちのサンサン劇場

 

 

  f:id:yayoiin:20180919192152j:plainf:id:yayoiin:20180919192611j:plainf:id:yayoiin:20180919194953j:plainf:id:yayoiin:20180919194922j:plain

 

f:id:yayoiin:20180919192740j:plainf:id:yayoiin:20180919192744j:plainf:id:yayoiin:20180919192345j:plainf:id:yayoiin:20180919193123j:plain

 

 

f:id:yayoiin:20180919192239j:plain

 

一番紙吹雪の量がエグかった日(前の人がすんごかった)

 

 

 

f:id:yayoiin:20180919192936j:plain

 

 

そして伝説誕生(完全版)へ……。

 

 

昔の自分にキレた話

 

2007年に書いていた当時の自分のブログを見る。

ある日の記事。「差別するつもりはないけれど~」から始まる文章があり、読むと、その後思いっきり特定の人種、民族に対する純然たる差別意識駄々洩れの言葉が続き、それを読んでいる内に私の口からは自然と「死ね」という言葉が発されていた。

これを書いていたのは紛れもなく、16歳の時の自分。

「16の時の自分、死ね!」である。

 

 

白状する。私は元、ネトウヨである。

自分をそう自覚していたのは多分2009~2011くらいの期間の事だけれど、本当はそれ以前からそれに近い思想は抱いていたし、傾向はあったんだろうなと今は思う。

私は元々日本史が好きで、唯一の得意科目でもあった(他が壊滅的)

日本語が好きで、日本文化が好きで、日本は良い国だと信じて疑わなかった。まだ社会全体がここまで右傾化していなかった頃の話だ。テレビをつければ「日本すごい!」番組が流される事もなかった時代。それなのに、私は立派にあの思想に染まっていってしまった。10代の頃、ネットは私にとってあまりにも身近で、世界の全てのような存在だった。

 

 

王谷先生のこれ

gendai.ismedia.jp

は、本当に自分の話かと思い、うんうん頷きながら読んだ。

本当は、共感出来ない方が良いんだろうな、と思いながら。

 

 

 あのころ、特定の属性に属する人たちに対し、偏見丸出しの差別的な言動を重ねながら、それでも最初に「差別的な意図はない」と付けてさえいれば、それでチャラになる、と私は愚かにも考えていた。それ以前の問題で、多分本当にそれが差別だとも分かっていなかったと思う。当時の言葉からは、無知で無理解で、甘ったれたその姿勢が見て取れる。あまりにも無責任で、暴力的なそれ。私は16歳の頃、「差別するつもりはない」と言いながら堂々と他人を差別しているような人間だった。

 

 

私はその頃の事、ずっと、ずっと恥じてる。

悔いて、一生忘れない、と心に決めてる。

本当は忘れたいし、消し去りたい過去だ。でもそうしない、と決めている。

私は今現在引きこもりであり無職であり、(いちおう)障害者であり腐女子であり年金受給者なワケだけれど、私はじっさいそのうちのどれも本当はたいして恥じていない(誇りにも思っていないけど)

私が恥じているのは、ただただ、自分の過去の所業。

自分の頭で考える事を放棄して、ただ周りの言う事(ネットの発言)に流され、架空の敵を作り上げ、それを叩く事により一時の快感と安らぎとを得ていた、その事実だ。

あれは私の加害。私の暴力。

それを忘れないためにあの頃のブログを私は消さない。

たまに見返しては、16歳の自分の書いていた文章に「クソが」と呻いたり、している。

 

自分の中の差別心(の強さ)と向き合う事。誰かを容易く憎むように差し向けてくる社会に抗い、「NO」を突き付ける事。それは大変な事であるけれど、私はもう二度と「差別するつもりはない」などとほざきながら、堂々と他人を差別するような人間に戻る気はない。

私が自分に対し、課している事はそれだけ。

私は残念ながら非常に差別意識の高い(強い)人間である。自分でもうそれを認めている(れっきとした証拠が残っているので、認めざるを得ない…)

だからこそ常にアンテナを張り、必要以上に意識を高く持ち続ける事でしか、自分のそれを食い止める事は出来ない。その中のひとつに「死んでも差別用語を使わない」がある。よく、差別用語を使いさえしなければ、差別していないという事になるのか?とか議論されている(?)けれど、これは私にはめちゃくちゃ重要な事だ。とりあえず、最低でも、差別用語を使わないというのは、自分の中の差別意識を食い止める事への第一歩であり、同時に最後の砦でもある。このラインを越えてはいけないという、示しである。

 

 

 自分の加害を忘れない事。そして反省し続ける事。

私の正義は、それだけだ。

 

推しのファンミに行った話

 

14日(火)、推しのファンミーティングに行きました。

昨年2月に某映画で出会い、推し続ける事早1年半(ほど)

とうとう生で見に行く機会を得ました。

 

多忙な中、こうして日本で4日間にも渡りファンミを開いてくれるのも、偏に今まで日本での活動において、彼と関係性を築き上げてきてくれた先人たちのおかげなのだと思うと、感動もひとしお。

会場内を埋め尽くしたあらゆる年代の女性たちの姿に、年齢も、境遇も、美醜をも超えた女たちの連携を思いました。そしてなぜか泣きそうになる。

推しのファンミでシスターフッドを実感し、感動するという(笑)

まぁ私はひとりなので、誰とも連携はしてないんですが(つらい)

昔、少年アヤちゃんが著書で「韓流は抑圧された女たちが起こした業の反乱。欲望の奇祭なのだ」と書いていたけれど、なんだかそれを思い出していました。

 

ファンミの内容は本当に濃く、歌あり、ダンスあり(踊らないと聞いていたのに!)インタビューあり、ファンによる質問コーナー(!)あり、と充実の内容。

本当に楽しくて面白かった。しょうじき大して期待もしていなかったのですが(姿が見れりゃそれで良いと思っていた)内容、すごく濃くて良かったです。ハッピーでした。孫の幼稚園の出し物を見てる気分(?)内容、自分で考えて計画してくれたんだなぁ…と思うと、胸がいっぱい。

 

生で見る推しはほんとうにうつくしくて、「こんなに美しい男が他に居るか!」と全世界に向け、叫び出したい気分。

見ている間じゅう、ずっと脳内で「かわいいよ!」「綺麗だよ!」「素敵だよ~~~!!!!」と喚いていた。

そして「これが絶叫上映だったら叫んでもいいのに…」などと考えておりました。

絶叫の行きすぎ(バーフバリの見過ぎ)でもはや思考がそうなっている(絶叫脳…)

 

 

推しを好きになってから、何度となく(ファンとして)「愛されてる…」と感じる瞬間があったけれど、ファンミはまさにその愛を一心に受け取る事の出来る、まさに幸福しか存在しない場所、空間でありました。(主に)ファンを弄って馬鹿にしてくる芸人のファンを長いことやっていた私にとっては、「好きでいること」を当たり前に歓迎して大切に思ってくれる人のファンをやれることは、とてもうれしくてありがたいものです~(マジで何であんなクソ芸人好きでいたんだろう~って今思ってる^▽^)(余談)

 

 

そして最後のお見送り会!会場を出るファンを自ら見送り出してくれる!そこまでしてくれるハリウッドスターがどこにいるか~~~!!!???噂には聞いてましたが、至近距離で見る推しはあまりにもすごすぎた。

私の前の人が指ハートしてたんですが、それに対して返すハートの華麗なことよ。自分の時は一瞬で、手を振るので精一杯でしたが、それでもこちらの目をしっかりと見て微笑み、手を振り返してくれる。気分はまさにニュークスくん(怒りのデスロード…)

「見てくれた!こっちを見てくれた!」である。

目が、ほんとうにキラッキラしてて、綺麗な黒目に浮かぶそれはまさしく星屑の輝きでした。

 

その輝きがすごすぎて、光の強さにあてられてしまったのか。その後近隣の飲食店に駆け込み、なぜか過食に走るという事態に。

これも昔アヤちゃんが「アイドルを生で見た後は過食が増える」と書いていたけれど、時を経た今、実感した。あまりにも清廉なかがやきを前に、私は逸る気持ちで塩ラーメンをすすり、たこ焼きを食らい、コーヒー飲んでやっと落ち着き、豚まん買って家路についたのでした。怒濤の炭水化物。

 

 

(またやってくれるのなら)来年はツーデイズどっちとも参加しよう…と袋から漂う豚まんの香りの中、誓いを心に刻むのであった。

 

 

f:id:yayoiin:20180822211545j:plain

 f:id:yayoiin:20180822211912j:plain

 f:id:yayoiin:20180822211737j:plain

f:id:yayoiin:20180822212001j:plain

f:id:yayoiin:20180822212126j:plain

 

 

では、また! 

 

インドと私~豊満な熟女にいだかれて~

 

5月30日、アンマの来日プログラムに参加してきました。

数年前に田房永子さんのこちらの記事

 

www.lovepiececlub.com

www.lovepiececlub.com

 

を見て以来、ずっと興味のあったインドの聖人、アンマの抱擁!ずっと興味はあったものの「いつか行けたらな~」程度にぼけっと考えてたんですが、今年の正月から某映画のアレでインドに激しく興味を持ち、その文化に傾倒しつつあるので、今行かなくてどうするんだ!って事で、行ってきました。夜行バスに揺られ東京につき、朝から並んだので大分早い段階で抱擁を受ける事が出来ましたぜ。

 

プログラム会場は、抱擁以前にすごい面白い空間でした。今まで体験した事がないような。私は子供の頃に母親が一時期傾倒していた仏教系の宗教イベントに参加した事が何度かあるんですが、全然雰囲気が違ってて面白かった!何といっても外国人スタッフの多さ。あの人々はアンマの行くところ世界中付いてきてサポートしてるんだろうか?あらゆる国の人々が居ました。

会場内にはずらっと椅子が並び、抱擁が始まるまでそこで座って待つという優しさあふれるステキ仕様。会場内にはアンマの関連著作やインドの雑貨、グッズが買える店が数多く出店されており、私はブレスレット二つとインドみ溢れる象柄スカーフをノリで購入。カード決済も可能という行き届いた配慮…!

 

「優しいコミケだ…」って思った。

いや私はコミケ行った事ないんですけど(コミックシティならある)「優しいコミケ」という表現が私の中では非常にしっくりきました。始まるまで椅子に座って待たせてくれるのめちゃくちゃありがたい…空調もきいてるやさしい空間……コミックシティ行った時は会場入るまでの列の時点で死にそうになってたから…。

 

私が一番面白かったのは終始結構グッダグダだった事。

瞑想の間も普通にその辺をスタッフが横切ったり会話してるし、アンマが抱擁している間も周りのお付きの人たちが普通に喋ってたり、アンマもその会話に参加してたりしてて、すごいグダグダしてんな!って衝撃だった。全然厳かなムードとかいうのが無くてそれが衝撃的で大変面白かった。全然宗教臭くなかった。それでいて周りの人々が心からアンマを慕い信頼していてアンマの事が大好き!ってのがビンビンと伝わってくる会場内の空気。尊い

 

あと、インドからのボランティアスタッフと思われる人々の中にひとり緑色のサリーを着た小さい女の子が居て、めちゃめちゃかわいくて似合ってて、ちらちら見ちゃった…サリーいいよねぇ……(欲しい)

 

 

正直、抱擁されるまでの列に並んでる時に、アンマの抱擁を受けた人々が感激して涙する光景を見ている時がピークで、その雰囲気に呑まれて何故かこっちまでちょっと泣いてしまったんですが肝心の抱擁の時の事をあまり覚えていない。一瞬だった。

アンマ、めっちゃいい匂いするんですね…すごい高貴な香りを纏ってた…。もうそれで思考が停止しちゃって、「アンマめっちゃいい匂いする!」ってのと、あとめっちゃ柔らかい…でいっぱいになっちゃって、アンマが耳元で囁いてくれる言葉を聞き取れなかったのが非常に残念。人の抱擁を見てる時は意外と長い事やってくれるんだなと思ってましたが、自分の時は結構一瞬で終わります。

正直自分の時のより人の抱擁見てる方が視覚で伝わってくるんで感動するんだけど(笑)でもね、愛は感じましたよ。愛されてる!って感じた。アンマにというより、アンマを通じて大地や空気や宇宙から…マジでそれくらい深みのあるあたたかい抱擁でした。アンマは地球上の人間誰でも分け隔てる事なく無償の愛をもって抱擁してくれるので、人生に何があろうとも一度でもあの抱擁を受けた人は、自分にはアンマが居る、あの愛がある、と思える事がすごく尊い事なんだなって思いました。それは希望だし、救いだよね。

 

 

ずっと興味のあったイベントで、「救われるんじゃないか」「なにか変わるんじゃないか」と期待を込めた行ったものの、実際私の現実には何ら変わりはないんですが、予想外に面白い空間だったことは意外な発見で、嬉しかったです。そして愛を感じました。

またいつか受けにいきたい。

 

 

 f:id:yayoiin:20180604130537j:plain

f:id:yayoiin:20180604130801j:plain

 

アンマにブラッシング?をして頂いたブレスレット。

スタッフの人から「アンマが祝福を授けてくださいます」と言われ、「祝福を…授けて…?」と生まれて初めて聞くワードに異様に高揚する。アンマに祝福されし女としてこれからの日々を生きていきます。

 

 

カレーな日々

 f:id:yayoiin:20180604133159j:plainf:id:yayoiin:20180604133033j:plain

f:id:yayoiin:20180604133338j:plain

 f:id:yayoiin:20180604133301j:plain

 

 

1月から狂い続けている…

 

f:id:yayoiin:20180604132823j:plain

 

 

ジャイホー!!では、また。

 

ウケてる間に1年経ってた

 

お久しぶりです。

1年前にこのような

yayoiin.hatenablog.com

事を言うとりましたが、あれから1年。

婚約関係にあった姉とその恋人は無事結婚し、義兄(などというワードを使う日が来ようとは)の仕事の都合で埼玉に転居と相成りました。

この1年で姉は結婚し、埼玉に行き、乳がんになり(さらっと言う)波乱の1年でしたが、私は変わらずなんもねぇです。更に太っただけ。一回、作業所に通い出した時があったんですが無事、続きませんでした。ひたすら(修行のように)映画見てるだけの1年だったな。相変わらずなんも書けてないですし…(やる気……)

私が何で姉の結婚とか婚姻とか義兄とかいうワード(その事実)にひとりウケていたのかと言うと(書くと)そんな未来が訪れるとはほんとうに、夢にも、ただの一ミリも考えていなかったからです。私は姉の事、一生結婚も出産も無いんだろうなと思っていたし、そもそも、ヘテロだと思っていなかった(アセクシャルだと思っていたし、今も若干疑ってる)ので、男と結婚するとは本当に思っていなかった(笑)

他人と共同生活が出来るとも思っていなかったし、子供を持つ気があるとも思っていなかったので、何かもう、その全ての予想(想像)が裏切られた事の、面白さ、愉快さですね。ハイ。

あと地元から出ていくとも思っていなかった。私は、ずっと「家を出ること」「自活すること」を目標にしていたし、地元や実家に対する思い入れもあまり無く、「捨てていく場所」と決めていたので、親亡き後家を継ぐ気も無かったんすけど、何かもう、私が継ぐ(?)しか無さそうになっている…。その事真面目に考えてると死にたくなる。介護も私がするしかなさそうだ。私はずっとここから逃れたかったはずなのに、ここで死ぬしかなさそうな事に日々、滅入って、いる。

 

 

私は、自分が子供を持ちたいと思ったことは一度もありませんが、姪や甥に対するあこがれは地味にあって、漠然と「姪か甥、欲しいな~(無理だろうな~~)」と思っていたのですけども、もしかしたらそれが夢では終わらないかも知れないというのがここ最近の希望。へへ。

 

 

※クソどうでもいい話。私には想像上の姪と甥が居ます。イマジナリーネフューはトム・ホランド君で、イマジナリーニースがヘイリー・スタインフェルドちゃんです。

 

 

では、また。

 

 

あけまして


2018年ですね。
まぁだから何だって感じですけど…(やさぐれ)
毎年地味に目標は立ててやってるんですよね。
ちなみに去年の目標は「痩せる(痩せてない)」「親知らずを抜く(抜いてない)」 「同人誌(個人誌)を出す(出してない)」そして例年(もはや)通り「自立」「自活」、と……そんな感じでした。なんも叶ってねぇ!あと、映画100本ね。



今年の目標はあのね、これです。ハイ。


f:id:yayoiin:20180108193327j:plain



シンプル!
私は過食(むちゃ食い)やばいので…これもマジで毎年言ってる事ですけど。嫌な事があった食い、何も無くとも食って来たけど、必要以上に食べるの、本当にやめたい…腰が痛い……。



そんなこんなで2018年。
今年もどれだけ書けるか(やる気になれるか)全くもって分かりませんが、まぁよろしくお願いしますね。今川でした。





2017映画ワースト7

 

ベストを上げたので、ワーストも上げようかと…。

今年はほんとに豊作だったので、「これは…」と思う作品は少なかったんですが、その分どれもすごかったです!(破壊力が)

※すべて独断と偏見に基づく個人的な感想です。

 

 

1位「島々清しゃ」

 

頼むから病院に連れて行ってやれ

 

耳が過敏で周囲の音が聞こえすぎてしまうあまり、常にヘッドフォンが外せない女の子が主人公なんですが、その子は聞こえすぎる事、音が合わさって聞こえない事で完全に日常生活に支障をきたしている状態だったんですよね…。「誰か病院連れて行ってやれよ…(適切な治療受けさせてやれよ…)」の一言だった。あと母親のネグレクトの理由が未だかつて見た事の無い理由で、あまりにひどくて引いた。なんやあの理由。安藤サクラが好きで見に行って、演者や背景の美しさなんかは本当に素晴らしかったのですが、とにかく脚本がダメだった。オールタイムワースト、堂々加入。

 

 

2位「ノーエスケープ自由への国境」

 

この映画は何なのだ

 

メキシコからアメリカに入国しようとする不法入国者と、彼等を国境で待ち受け、銃で殺しまくる謎の白人のおっさんの話。主人公はひたすらおっさんから逃げ惑い続ける。何でおっさんがそこまで不法入国者(メキシコ人)を憎むのかなどの説明が一切無いまま、バンバン人が死んでいく。あと犬が怖い。「この映画は何なのだ」「誰が見に行くんだ」と考え続けた1時間半。よく分からんけどすごい怖かった。

 

 

3位「フリーファイヤー」

 

誰が誰か分からん

 

ブリー・ラーソンキリアン・マーフィー目当てで見に行ったようなモンだったんですけど…とにかく出演者が多く、その関係性もよく理解出来ないまま早々に銃撃戦が始まってしまい、今誰が喋っていて、誰が誰を撃ってるのかがさっぱり分からず、ただただ困惑に終わった。もうちょい人数少なくても良かったと思います…。

 

 

4位「ありがとう、トニ・エルドマン」

 

よくわかんねぇ(一言)

 

風変りな父親と堅物な娘のハートフルストーリー☆なんだろうけど…誰にも共感する事無く終わった。堅物だったはずの娘が主催したパーティーで急に脱ぎ出し、裸がドレスコードよ!とか言い出したところで、私の「?」は頂点に達した。何だったんだろう、あのシーン。

 

 

5位「ショコラ」

 

芸人の悪いところが全部出てる

 

実在したフランス史上初の黒人と白人のコンビ芸人をモデルとした重厚な作品(主演はオマール・シー様である)なのだけれど、私は好きになれんかった…。ショコラが売れ始めてパリ進出を果たすと、前から付き合っていた女性を捨ててパリの女に乗り換えるところで、「うわ、芸人…!!!!(※偏見)」って思って、超絶に引いた。芸人の悪い(クソな)ところが滲み出てて、全然ショコラの事が好きになれんかった…残念。そこ以外は良かったです。

 

 

6位「シンクロナイズドモンスター

 

おもてたんとちゃう

 

私はこれ、めちゃくちゃ楽しみにして行ったの…。なんつったって、皆大好きアン・ハサウェイだし…日本版フライヤーの出来も(珍しい事に)素晴らしく、前評判も良かったから、「どう考えても面白さしかない!」と期待して見に行って、実際途中までは面白かったが、最後に残ったのは「この映画は何だったのか」という困惑…。あと、アン・ハサウェイがダメウーマン!?とか宣伝してたけど、別に全然ダメじゃないやんと感じた。働いてるやん。えらいやん。

今年見た中で一番不思議な映画でした。謎のおどりを踊るハサウェイは本当にキュートでしたよ。

 

 

7位「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーミックス

 

ただただハゲが憎い

 

ドラックスからマンティスへのあの容姿ディス発言さえ無けりゃ良かったのに。

 

それ以外は全部良かった。ピーターとヨンドゥの疑似親子!ガモーラとネビュラの関係性!ベイビーグルートちゃんの愛らしさ!私はロケット最推しでグルロケの人ですが、全体的に文句なく楽しめました。あの一連のマンティスディス以外…。

 

なんかもう、スクリーンで見てて、「え…今って、2017年だよね…?」ってめっちゃ困惑したし、何でこんなの見なきゃいけないんだろうって悲しくなった。マンティスがさぁ、ドラックスに「醜い」と言われても、分かっていないのか(受け入れちゃっているのか)ぽかーんとするだけで何も言い返さないのが、また悲しくって見てられなかった。本当に全然面白くないし、ただただ不快になるだけだった。何であんなシーン何回も入れちゃったんだろう。未読なので知らんけど、原作にそういう流れがあるのだろうか?ドラックスが何回も何回もマンティスに「醜い」って言うのに、周りのメンバーが(ガモーラ以外)誰もそれを咎めないのも無理だった。無理。あと私はガン監督の事をあまり信用していない(※ユナイテッド航空でアジア人の乗客が暴行され降ろされた事へのツイッターでの反応など)ので、次回作、見に行くかどうかは迷ってます…。

 

 

・・・こんな感じ。

来年もどのようなクソ作、謎作、怪作品に出会える事でしょうか。楽しみです。