ゆるやか下降~のっそり上昇~

13年間引きこもりの場面緘黙当事者が日常をつづります。

2つめの記事

自分の話をしようと思う、とのたまい11日が過ぎた。

書こう、書かねばと思いながらも、ほっといたらほんとに全然書かない。

首根っこ掴んで、「ほら、書けや!」と机に向かわせてくれる人が心底欲しいが、

その役目は己にしか出来まい。

歯ぁ食いしばって机に向かう。

 

自己紹介的なものをしようかと思う(まずね)

私は兵庫県在住のヒキコモリロリン(@RAD)

現在の年齢は23歳、

12歳、中学一年の夏から不登校になり、引きこもりになる。

11年選手である(なっげーーー)

緘黙女子。

場面緘黙という名前を知り、

「あ、自分それだわ」と気付いたのが3年前。

フェミニストデビューをしたのも3年前。

あと、これも自分の人生にとって大事な事なので書くが、

私は腐女子である。

11年腐女子である。

もう「特別好きなジャンル・カプ」というのが存在してないのだけど、それでもまだしぶとく腐っているし、これからもそうだろうと思う。

足を洗う気は未だ無い。

 

 

緘黙である事、

腐女子である事、

引きこもりである事。

 

この3つが私の送ってきた人生に取っては、

切っても切り離せない重要ワードなのです。