ゆるやか下降~のっそり上昇~

13年間引きこもりの場面緘黙当事者が日常をつづります。

お久しぶりですとしか言えないけど

お久しぶりでございます。

 

何もしてないのに時間だけ過ぎて行きます。

まぁそんなの今に始まった事じゃないですけど(11年選手だから!!!)

書かない時間も毎日ネットはしてました。

私が毎日一体何をして生きているのかと言うと、

ほぼネットかテレビかゲーム(とび森)、です。

週に1、2度姉(この春から一人暮らしをしている)に呼び出され

姉の家(2駅隣)へと食材運びに出るか、

これまた週に1回ほど、

スーパーに牛乳を買いに行くだけの生活です。

 

 

本当の話をしよう、としてもなかなか上手く出来ません。

どうしたって取り繕いたくなるし、素は出せない。

ネットはしてるけど、したくてしてるというワケでもありません。

私はネット、向いてないから。

それはこの11年でよく分かった事です。

キーボード打つのもクソ下手だし。

何回も打ち間違えてイライラする。

昔はこんなに下手でもなかったと思うのですが。

4年前にパソコンが今のヤツに代わってから、

長文打つのが死ぬほど苦手になりました。

めちゃくちゃ打ちにくいし、何度も打ち間違う。

私は昔やってたブログでは、毎回長文をひたすらに書き綴って、

胸の内を吐きまくっていましたが、もう本当にむつかしい・・・。

こんなに書く事が嫌になるとは思いませんでした。

こんなにも書けなくなるとは。

 

 

本当に言い訳でしかないですが、

今の私は、「言葉を紡ぐ」という事に対する情熱がありません。

熱意がありません。「絶対に書く!」という。

だからズルズル、グダグダ・・・。オーマイ。

 

 

書く事は私にとって当たり前の事でした。

毎日書いてる事こそが私の人生そのもの。

語る言葉を持たない私が、書き言葉にかけたのは、

紙の世界に祈りを託したのは、至極当然の話でした。

 

 

それが、こんなに書かなくなるとはね。

書かなくても生きていられるようになろうとは。

 

 

本当に残念で、悔しくて、

でもやっぱり書けないので、

毎日ウダウダしている2015年の夏です。