ゆるやか下降~のっそり上昇~

13年間引きこもりの場面緘黙当事者が日常をつづります。

いっちねーん

 

何だか昨日でブログ一周年だったみたいです。

えぇ、全く気付いていませんでした。はてなの方から、「一周年ですね」メールが来てたのを見て、それで思い出しました次第であります。

 

昨日はですね、ぶつ森(地味に村長をやっています…)で、真面目系キュートな小リス、ララミーさんのお誕生日だったので、久しぶりに3DSを広げ、祝っていたところです。

ララミーさんおめでとう。笑顔で毒づく貴女が村長は大好きです(にっこり)

 

 

そんなワケで、もう1年です。

私は、時間の感覚が年々分からなくなっていきます。

実感が無いのです。今が「2016年なのだなぁ」という、自覚。

本当にそんなに時間が経っている気が一切、全くしないので。

 

私は、今も、ずっと、

あの2004年の時間を生き続けているような気が、ずっと、ずっとします。

んなわきゃ無いんですけど、この感覚は多分、これからも一生変わらない気がしています。だってほんとにずっとそうなんだもの。この12年間、ずっと。

 

 

時間の実感の無い私は、今も、日々を大切に慈しむ事は出来ないままです。

一年と聞いて、「短い」「あっという間」「とるに足らない時間」という印象ばかりが浮かび上がります。

 

 

「自分の為だけに使える一年って、結構長い」

 

いつか私もそう言っていたのに、何だかもう、分からない事ばかりです。